文字の大きさについて
店舗のご案内


柏原支店(店舗コード:530)

店舗紹介
 柏原支店は、平成19年12月10日に開店した店舗です。
 全面総ガラス張りで、開放感のある建物になっています。
 近くには、「兵庫県立年輪の里」があり、木工クラフト体験や芝生広場・遊具でのピクニックも楽しめます。
 また、柏原町の大ケヤキと呼ばれている柏原のシンボル「木の根橋」は、樹齢千年とも推定される大ケヤキの根が、幅8mの奥村川をまたいで自然の橋を形作っている大変珍しい橋で、県の天然記念物にも指定されています。
 柏原町は織田信長ゆかりの地でもあり、それにまつわる様々な史跡が残っています。

【地域活動】
 ・「ふるさと柏原夏まつり」に参加
 ・「柏原厄除大祭」に参加
 ・「柏原藩織田まつり」に参加
 ・地域清掃活動
  始業前に周辺を清掃しています。
 
柏原支店   
住  所 〒669−3309
丹波市柏原町柏原2646−1
T E L 0795−72−4455
F A X 0795−72−4453
ATM
稼働時間
平  日 8:00〜21:00
土曜・日曜・祝日 9:00〜17:00

 
地図

  
  大きな地図で見る

 
店舗周辺の地域情報

【 名  所 】
柏原藩陣屋跡
 1714年、織田信長次男の系統である織田信休によって陣屋(藩主公邸)が造営されました。1818年焼失しましたが、1820年頃に再建され、そのうち長屋門や書院・式台(※)など表御殿の一部は、当時のまま残っています。明治以降は小学校として使用され、現在は国史跡に指定されています。

※式台…玄関の次にある、客に送迎の挨拶をするための部屋です。

丹波もみじ三山(石龕寺、円通寺、高源寺)
 聖徳太子の開祖と伝えられ足利尊氏とも縁のある「石龕寺(せきがんじ)」、足利義満創建の「円通寺」、明智光秀の丹波攻めの際ほとんどが焼失し再建された「高源寺」の3つの山寺は、もみじの名所として知られ、「丹波もみじ三山」と呼ばれています。

山南薬草薬樹公園
 山南地域で伝統的に栽培されてきた薬草をはじめ、漢方で使用されてきた薬草薬樹を植栽した公園を中心に、体験施設なども備わっています。
 また、「リフレッシュ館」では、薬草風呂やハーブティー・薬膳料理を楽しめます。

丹波竜化石工房
 2006年に発見された「丹波竜」のクリーニング作業(化石のまわりの余分な岩石や砂を取り除いてきれいにする作業)を見学できる施設で、発掘調査で産出された化石のレプリカや、丹波竜の解説パネルなどが展示されています。
 丹波市では、「丹波竜」を活かしたまちづくりを計画しており、「丹波竜」にちなんだ様々なグッズや食品が販売されています。

【 特 産 品 】
小豆
 丹波市は「大納言小豆」発祥の地です。「大納言小豆」の由来は、「大納言は、殿中で抜刀しても切腹しないですむということから、煮ても腹が割れない小豆を大納言小豆と名づけた」といわれています。表皮が薄く大粒で、煮てもくずれず、味がよい小豆です。

山の芋
 江戸時代初期頃から栽培しており、丹波特有の気候と土に適した作物です。他県産のものと比べて粘り気が強く、アミノ酸も多く含まれています。



←「店舗のご案内」トップページへ戻る
↑このページのトップへ
Copyright © 1996-2017 兵庫県信用組合 All Rights Reserved.