文字の大きさについて
店舗のご案内


稲美支店(店舗コード:220)

店舗紹介
 稲美支店は、昭和60年11月5日に開店した店舗です。
 周辺にある「いなみ野水辺の里公園」は、生き物と共生する環境を創り出し、豊かな自然を呼び戻すことをテーマにした公園で、身近な水生生物の生息する「観察池」や最近見かけなくなった昆虫や植物を育てている「育虫舎」があります。
 「稲美中央公園」にはグラウンド・テニスコート・キャンプ場などがあり、休日をゆっくり過ごすことができます。近くには「万葉の森」「郷土資料館」などもあります。
 加古郡稲美町は神戸市西区に隣接する都市近郊型農村地帯で、今も田園風景が広がっている町です。約90ヵ所あるため池は、町面積の約12%を占め、町の景観の特徴のひとつとなっており、「稲美のため池群」は文化的景観重要地域のひとつに選ばれています。店舗の近くにも「千波池」「萬溜池」「琴池」などがあります。

【地域活動】
 ・「稲美ふれあいまつり」参加
  稲美町・稲美町商工会主催のまつりにヨーヨーつりやスーパーボールすくいの模擬店を出店しました。

稲美支店   
住  所 〒675−1115
加古郡稲美町国岡2−6−7
T E L 079−492−6251
F A X 079−492−6552
ATM
稼働時間
平  日 8:00〜19:00
土曜・日曜・祝日 9:00〜17:00

 
地図

  
  大きな地図で見る

 
店舗周辺の地域情報

【 名  所 】
さくらの森公園
 春になると満開の桜の下、大勢の花見客でにぎわう公園で、散策道、遊具もあり、お弁当を持って自然をゆっくり楽しめます。近くには菅原道真を祀った草谷神社があります。

天満神社
 菅原道真、弁財天を祭り、町指定文化財である室町時代の天神曼陀羅(てんじんまんだら)があります。毎年10月9,10日の秋祭りには「御輿渡御(みこしとぎょ)」という、神輿を天満大池に沈め五穀豊穣と池の満水を祈る独特の神事が行われます。
 豊臣秀吉は、三木合戦の時、播州一円の寺社などを壊しましたが、天満神社を潰そうとしたとき、神木から社殿の上へ大蛇が頭を出したためやめたと伝えられています。

万葉の森
 稲美中央公園の一角にある回遊式日本庭園で、稲美町が万葉集に詠まれた「いなみ野」の中心にあることからつくられたものです。当時のいなみ野と瀬戸内海の風景を草花で表現しています。万葉集に詠まれた植物が植えられ、「いなみ野」が読まれた歌碑、庭が一望できる「憩いの館」などがあり町民の憩いの場として知られています。近くには郷土資料館や特産品販売店もあります。

【 特 産 品 】
アムスメロン
 県下で唯一ハウス栽培している甘くておいしいアムスメロン(やや楕円形で果皮は濃い緑色、網目があらく溝のような縦じまがあります。果肉は淡緑色で甘く果汁も豊富です。)を「いなみ野メロン」と名づけて年2回栽培しています。アムスメロンをキュウリと一緒に酒粕に漬け込んだ製品もあります。



←「店舗のご案内」トップページへ戻る
↑このページのトップへ
Copyright © 1996-2017 兵庫県信用組合 All Rights Reserved.