文字の大きさについて
店舗のご案内


三宮支店(店舗コード:030)

店舗紹介
 三宮支店は、昭和35年10月28日に開店し、昭和48年の店舗移転を経て、平成12年11月にけんしん研修センターを併設し、現在地へ新築移転した店舗です。
 北側に新幹線「新神戸駅」、南側には、ファッション街「三ノ宮センター街」・「さんちか」があり、神戸の商業中心地として栄えています。旧居留地界隈は、今も昔の町並みを残しており、神戸ファッションの発祥地として若者に人気があります。
 毎年5月に行われる神戸まつりでは、マーチングバンドやサンバカーニバルなど華やかな催し物を見ることができます。
 
三宮支店   
住  所 〒651−0094
神戸市中央区琴ノ緒町4−7−8
T E L 078−231−0464
F A X 078−221−6289
ATM
稼働時間
平  日 8:00〜19:00
土曜・日曜・祝日 9:00〜17:00

 
地図

  
  大きな地図で見る

 
店舗周辺の地域情報

【 名  所 】
北野町異人館街
 三宮の北の山の手、神戸港を一望できる六甲山の麓にある異人館・洋館の並ぶ住宅街です。1977年放送のNHK連続テレビ小説『風見鶏』で広く知られるようになりました。1980年には、日本で初めて重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。一時は200棟以上の異人館が建てられていましたが、戦争・震災を経て現在残るのは60棟ほどです。「風見鶏の館」「英国館」等、エトランゼ気分を味わえる洋館が公開されています。
 また、「北野工房のまち」は旧北野小学校を改造したもので、工房の職人が作品を制作する様子を見ることができます。

生田神社
 枕草子にも登場する神社です。神戸にある八社の神社に囲まれて建ち、天照大神と素戔鳴尊が剣と玉を交換して誓約したときに誕生した三女神と五男神が御祭神です。かつては神戸市中央区一帯が社領で、これが「神戸」の地名の語源になりました。

神戸市立布引ハーブ園
 新神戸ロープウェーの「風の丘駅」と「布引ハーブ園駅」の間に広がる植物園で、ラベンダーやカモミールを中心としたハーブの栽培が行われている香りの庭園や熱帯の植物を見ることができるグラスハウス、ハーブの利用法や歴史を展示している森のホールなどテーマ別に見て回れます。園内では、ハーブの育て方や利用法などを聞きながら回るハーブガイドツアーやアロマテラピー体験、料理教室などを実施しています。
 また、開花時期に合わせてイベントが開催されます。

【 特 産 品 】
真珠
 養殖真珠ができた約100年前、真珠は欧米向けで、三重・四国等の養殖場に一番近い国際貿易港であった神戸港に日本の真珠が集まるようになりました。陽光が六甲山の木々に反射され、真珠加工に必要な安定した自然光が得られたこともあり、真珠加工業者が北野町付近を中心に発展し、北野町には「パールストリート」と呼ばれる通りもあります。現在でも、神戸の真珠は質がよいと定評があります。



←「店舗のご案内」トップページへ戻る
↑このページのトップへ
Copyright © 1996-2017 兵庫県信用組合 All Rights Reserved.