文字の大きさについて
店舗のご案内


兵庫支店(店舗コード:020)

店舗紹介
 兵庫支店は、昭和30年5月12日に開店し、平成20年12月8日に現在地へ移転した店舗です。
 天井の高いコンコース、太く丸い柱など、どことなくレトロな雰囲気の漂うJR「兵庫駅」の北側に位置しています。
 また、東の「西宮戎」とならんで「柳原のえべっさん」として親しまれる蛭子(ひるこ)神社があり、年始の「柳原えびす神社大祭」では神戸市中央卸売市場から大マグロや鯛、ブリなどが奉納され、商売繁盛や福を求める参拝客で賑わいます。大祭に合わせて、新春行事として毎年「福ぜんざい会」を実施し、来店されるお客さまにぜんざいをふるまっています。

【地域活動】
 ・新春福ぜんざい会
   毎年1月、「柳原えびす神社大祭」に合わせて来店客にぜんざいをふるまいます。

 
兵庫支店   
住  所 〒652−0805
神戸市兵庫区羽坂通3−7−24
T E L 078−576−1544
F A X 078−576−2744
ATM
稼働時間
平  日 8:00〜21:00
土曜・日曜・祝日 9:00〜17:00

 
地図

  
  大きな地図で見る

 
店舗周辺の地域情報

【 名  所 】
兵庫大仏
 身の丈11m、総高18m、重量約60t、奈良・鎌倉に並ぶ日本三大大仏のひとつとされています。明治24年に造られた初代大仏は戦時中に供出したため、現在の大仏は平成3年に再建された2代目です。神戸市の耐震基準によって設計され、地震対策もばっちりです。伝教大師開基の名刹・能福寺にあり、境内には平清盛の廟をはじめ、伊東博文と親交のあった兵庫の豪商・北風正造の碑、フランス水兵を負傷させた神戸事件の責任をとり切腹した滝善三郎の墓碑など、兵庫の歴史の足跡が多く見られます。

和田岬灯台
 兵庫の開港を前に木製の洋式灯台が和田岬に建設され、その後、日本の灯台システムを確立し「日本の灯台の父」と称されるスコッランド出身の技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により高さ18m、六角型の鉄製灯台に改築されました。廃灯になったあとも、日本最古の鉄製灯台ということで、現在は須磨海浜公園に移され、「須磨の赤灯台」として親しまれています。平成10年には国の登録有形文化財に登録されました。

会下山公園
 12,000坪という広い敷地の公園で、春には桜の名所として知られ、地域住民の憩いの場となっています。夜景スポットとしてもよいところです。湊川合戦の際、楠木正成がここに本陣を構え700余の部下と共に数万の足利軍と戦った場所とされ、公園の頂上付近には「楠公湊川陣之遺蹟碑」が建てられています。



←「店舗のご案内」トップページへ戻る
↑このページのトップへ
Copyright © 1996-2017 兵庫県信用組合 All Rights Reserved.